かかっちTCGブログ

細々とTCGを続けているプレイヤー:かかっちが細々と更新するブログです。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ VISION14弾カード紹介TOPVISION_雑記 ≫ VISION14弾カード紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

VISION14弾カード紹介

14弾の中から気になるカードを紹介したいと思います。
なお、自分は14弾が出てからは、これまで通りの呪符コンや新しい天狗デッキなどを構築して遊んでいます。

■キャラクターカード
・紅 美鈴
軽くて使いやすい対ビートダウンカード。
美鈴はスペルもそこそこ揃っているため、術者としても○。

・鍵山 雛
殆どの軽除去に引っかかってしまうものの、マナチャージも起動能力も非常に優秀。特に起動能力の方は、ビートダウンでは殴りやすくなり、コントロールでは村紗で4まで落とせるようになったりとデッキを問わず有効である。

・朝倉 理香子
優秀な世界呪符ならびにスペル呪符対策。カウンターの軸が違うのは強みとなる。マナチャージ持ちで戦闘力もあるので、出た後も仕事出来る点も強い。

・ルーミア
人間対策にのみ目が行きがちだが、どちらの能力も人間が絡まなくても優秀である。

・犬走 椛
天狗デッキ待望の強い椛。これの登場で天狗デッキは引き締まった。ただ、サーチ先に優秀なカードはないので、自身をサーチし続けることになる。

・秋 穣子
毎ターンハンド1枚分のアドを取れる。特に霞網2枚目をプレイするとノードセット前にノード5になった上で冥界にカードが2枚溜まるため相性が良い。穣子を採用するのであれば霞網も同時に採用したい。

・魂魄 妖夢
奇襲、速攻と言うだけで強い。下の能力は忘れてしまって構わないだろう。

・レミリア・スカーレット
とりあえず叩きつけるのが強いので、何も考えずに叩きつければゲームに勝てる。個人的には、こういう使う上でプレイングが必要ないカードはプレイング向上につながらないので好きではない…。

■スペルカード
・暗夜のデイメア
14弾中最強スペルと言っても過言ではない性能。安定して5点くらいは出せる上、無作為ハンデスとはこれいかに。ジャック点はノードコストが重たいこと。ウィニー相手に使いづらいので、場合によっては積むべきではない。

・彷徨える大罪
自分の場にキャラがいなければ、コスト不要の除去として使用可能であり非常に優秀。

・トリップワイヤー
・霧の倫敦人形
かなり強力な人形強化カード。アリスで人形を毎ターン供給しながらこの2枚で除去する動きは強い。フィニッシャーさえ確保できれば…

■コマンドカード
・ブクレシュティの人形師
人形デッキを使用する場合、アリスは2種類以上積みたいため、必要な方のアリスをサーチ出来るこのカードは非常に優秀。人形デッキでは是非投入したい。

・ミステリーサークル
そのままプレイしてもそこそこだが、幽霊ビートダウンのようなデッキでは代替レースでのプレイも可能で、早ければ2ターン目には使用していけそうである。

・鈴奈庵
通常コストは重いため、代替レースでのプレイを目指すことになる。サーチ効果で小悪魔を出せるので、人間を何とか2人用意したい。


以上です。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。