かかっちTCGブログ

細々とTCGを続けているプレイヤー:かかっちが細々と更新するブログです。
2012年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年01月
ARCHIVE ≫ 2013年01月
      

≪ 前月 |  2013年01月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

魔界デッキ_プレイング

魔界デッキの構築だけ紹介してプレイング説明しないのもおかしな話なので、前のデッキ特有のプレイングを書いて見たいと思います。

・神綺はノードに埋めない
神綺はこのデッキで一番強いカードであり、このカードが有効でない相手はいません。必ず手札に残しましょう。ただし、初手に2枚引いてしまった場合は2枚分のコストを捻出するのが難しいため、1枚は埋めることを考えるべきです。魔界があって軽くプレイできそうだったり、チャージ持ちキャラが十分な場合は手札に残しておくといいと思います。


・神綺をプレイするのでノードは大事にする
神綺がプレイできるノード7までは順調に伸ばしていく必要があります。ノードを伸ばせる機会があれば積極的に伸ばしていきましょう。ただ、一度ノード7あたりまで伸ばせればゆっくり構えて問題ありません。


・チームや二つの炎を序盤に引いた場合はノードに埋める
コンボデッキとして構築していないので執拗に狙う必要はありません。基本はビートダウンとして振る舞い、相手のリソースが少なくなって引いてきたらプレイするくらいで丁度いいと思います。もし、コンボデッキとして動きたければ、黄泉の舟を入れるなどしてコンボの比重を高めてからで十分でしょう。


・ユキマイは冥界から出す
13弾のユキマイでアドバンテージを稼げる事が魔界デッキの強みです。プレイ回数を多くするために既に冥界にある場合は冥界から出すようにするべきです。1枚目をデッキから探すことが多いため、手なりにサーチしがちですが気をつけたいところ。


・ユキマイでクロックを刻めている間は必要以上にキャラをプレイしない
ビート全般に言えることですが、不必要にキャラをプレイしたところに全体除去を撃たれ、立て直せない間に殴り負けるといった展開は避けなければなりません。そのため、魔界デッキではユキマイで十分なクロックを稼いでいる間はキャラを展開する必要はないでしょう。プレイするのであれば、パンプアップ用の神綺、除去のリリカあたりに絞るといいと思います。ただ、横にキャラクターを並べた方が有効な相手や、素早く殴り勝たないといけない相手がいるのが難しいところです。その場合は気付いた時点から展開していくようにしましょう。


・複数枚持っていてもインスタント雛人形は埋めない
腐っても1ドローですし、コンボしなくてもユキマイと合わせるだけで6点火力となる上、村紗に相討ちをとれるようになります。例え複数持っていてもノードに埋め無い方がよいです(他に埋めるカードがなければ別です)。


■攻撃を仕掛けるタイミングについて
意識すべきは殴れる状態を継続できるように無理して殴らないこと、相手からの対応がなければ致死圏に入れて対応しないと死ぬ状況まで持っていくこと、です。継続して殴るためには相手のデッキに入っている返しの手段を把握している必要があります。が、何も分からない状況であればとりあえず村紗だけは意識しています。相手のカードが分かった段階で与えるグレイズの量は調整しますが、それ以外は殴りにいって問題ないと思います。グレイズを与えない事も重要ですが、致死圏に入れないと相手に落ち着いて対応されてしまうので素早く削ることも重要です。魔界は一気に削る能力が高いので、くるみやユキマイでクロックを刻んでいれば自然と致死圏に入っていることが多いため意識し辛いですが、意識しておくと無理して攻撃を通さないといけない場面を把握できるため重要です。

・村紗について
ビートダウンデッキはつねに村紗の陰に脅えながら攻撃を通していく必要があります。このカードだけは特別に対応しましょう。
グレイズを与えて相手ターン中にノードが5以上になってしまう場合はグレイズのみでノード5まで持っていきます。ただしそこで一度止めて一旦ターンを返すことが多いです。ただし、スリープノードが5枚で村紗をプレイし辛い状況であれば継続して殴ります。
また、相手の場にノード加速要因がいなければ、ノード3までで止めると村紗に届かなくなるのでそこでも一度止めます。くるみからユキマイに繋げた場面で起こりやすく、止めるとくるみがもう一度殴れるので意識するべきだと思います。
スポンサーサイト

13弾対応 魔界デッキ

13弾の注目カードのレビューを書くと言ったな?あれは嘘だ。
いや、書くんですがもうちょっと待ってください。いろいろ試している状況です。
もう少ししたら一通り試し終わる予定です。
今回は13弾で強化された魔界人デッキの紹介です。
普通のビートあり、コンボからの即死ありと非常に面白いデッキに仕上がっていると思います。

キャラ
3,669,くるみ
3,909,リリカ・プリズムリバー
3,1131,霧雨 魔理沙
1,678,小悪魔
2,1049,村紗 水蜜
3,1146,ユキ
3,1147,マイ
3,1149,夢子
2,644,氷雪の魔女チーム
3,508,神綺
2,884,闇の創造神チーム

スペル
3,430,騒符「リリカ・ソロライブ」

コマンド
3,075,マナの生成
3,1193,インスタント雛人形
3,226,香霖堂
2,979,裏切りの少女
3,1203,霞網
3,555,魔界
2,770,二つの炎

サイド
2,919,鍵山 雛
3,445,禁弾「カタディオプトリック」
1,979,裏切りの少女
2,083,作戦阻止
2,294,恐ろしい波動


■構築解説
魔界人として積むキャラの3積み確定枠。
7弾と13弾のどちらを採用するかは悩むところですが、
・ユキ、マイ
7弾ユキの爆発力を使うと構築が縛られるうえ、苦手な相手、カードも特に変わらないので13弾を使用する方がいいと思います。
ただ、計6枚のうち、1~2枚だけ7弾と入れ替えるのはありだと思います。
・夢子
神綺とのシナジーがあり、打点力もある13弾夢子を優先して問題ありませんが、7弾は単体で村紗に殴り負けない点が優秀です。
好みで配分を入れ替えてもいいと思います。
・神綺
爆発力は互いに変わらないので、+1/+1効果によって他の魔界人が村紗に倒されなくなる7弾を採用しています。

・氷雪の魔女チーム
・闇の創造神チーム
魔界でめくるための水増し要因兼、単体でも優秀なカード。
特に闇の創造神チームはインスタント雛人形で冥界の魔界人出し放題になるコンボもあります。

・くるみ
・魔理沙
・マナの生成
・霞網
ノード加速兼、安定要因。魔界デッキは重たいキャラが多いので、ノード1~2で出せるキャラが重宝します。
また、霞網は魔界と非常に相性の良いカードで、
 - N3→N4へ上げられるので、魔界やノード加速を加味するとユキマイを1T早くプレイ
 - デッキ圧縮で魔界の成功率アップ
といった効果があります。個人的には3積み必須クラスです。

・リリカ
・村紗
・リリカ・ソロライブ
・裏切りの少女
自分より早いビートダウン+同系対策。
魔界をプレイしてもN4スタートが基本なので、自分より早いデッキを苦手とします。
そのため、メインから厚く対策しています。

・二つの炎
・インスタント雛人形
闇の創造神チームと合わせたコンボ要因。いわゆる通れば勝ちカードとして採用しています。


他にも神綺・夢子と相性のいい動と静の均衡を入れてみたり、再起動で効果を使い回すのいいと思います。
構築がある程度固まっているように見えて様々な構築パターンがあるのが魔界デッキです。
好みに合わせて色々試してみると面白いと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。