かかっちTCGブログ

細々とTCGを続けているプレイヤー:かかっちが細々と更新するブログです。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ラスクロ_デッキ
CATEGORY ≫ ラスクロ_デッキ
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

青白ワイプビート

イベント戦20勝到達記念。
今回は前回の青白とは違う軸のビートダウンデッキを紹介します。

ユニット
レベル1 27
3 目くらましの精霊
3 白エルフの弓兵隊
3 シルヴァライトの騎士
2 ジャンヌ・ダルク
3 ヴェスの祈り手
3 覇力の偶像
3 跳躍するヘルネブ
2 コロンブス
2 アルキメデス
3 トポカ宮の氷結術士

レベル2 5
1 神話の歌い手 サフォーナ
2 ヴェスの僧兵
2 イースラ水軍兵

レベル3 6
2 停戦の使者
2 皇護の刃 イズルハ
2 海部の将 ミフネ

レベル4 1
1 ブリュンヒルデ

スペル 11
2 ラーンの護り
3 浄化の矢
3 凍結
3 魂の帰還

CA3 17
CA2 30
CA1 3

白 25
青 25


青が得意なワイプにする効果を戦略の中心に据えたビートダウンデッキです。
構成が下の時代に寄っていることから分かる通り、時代Ⅰからテンポよく殴っていきます。
とにかく氷結術士が強く、いつの時代に引いても困らないのがいいですね。
時代Ⅳまで進まれてしまっても、相手のアーサーやらヴラドを止めることができるのはこいつ位だと思います。

デッキの改良点ですが、なぜかサフォーナだけ1枚しか引けてないので入れてないですが、
祈り手を1枚サフォーナにした方がいい気がします。
後はニケを入れてみてもいいかもしれません。抜けるのなにか分かりませんが。(停戦の使者1でしょうか)

白系にはやっぱり強く、青黒に弱いのは青白オーラと同じです。
というか、青白だと青黒に勝てないんじゃないか、と思いこみたくなるぐらいボコボコにされてます。
イベント戦の負けは全て青黒…

頭を一番使うのはSSに置くカードぐらいで、後はそこまで難しくないデッキだと思うので、
是非一度使ってみてください。
スポンサーサイト

ラスクロデッキ紹介(青白オーラバトラー)

ラスクロが発売されてからというのも、楽しすぎてラスクロばかりやっています。
自分は青絡みのデッキばかり使っているのですが、今回は、その中でも結構戦えるデッキを紹介したいと思います。

青白オーラバトラー

ユニット
レベル1 24
1 目くらましの精霊
3 白エルフの弓兵隊
2 シルヴァライトの騎士
2 ジャンヌ・ダルク
3 ヴェスの祈り手
2 覇力の偶像
3 跳躍するヘルネブ
1 時の巫女
2 コロンブス
2 アルキメデス
3 流水の武者巫女


レベル2 2
1 神話の歌い手 サフォーナ
1 ヴェスの神官

レベル3 11
1 停戦の使者
1 ラーンマジックナイト
1 力の天使 ラーン
3 転生の剣士
2 皇護の刃 イズルハ
2 海部の将 ミフネ
1 月渡る怪鳥


レベル4 3
1 アーサー
2 ブリュンヒルデ

スペル 10
2 ラーンの護り
3 浄化の矢
3 凍結
3 魂の帰還


追記:
CA枚数がなかったので記載しておきます。
CA3 15
CA2 31
CA1 4
4枚で上がることが多いです。レベル2の間はユニット展開の時間なので、遅れてもそんなに問題にはなりません。


オフでもオンでも白が流行っているので、白絡みのデッキを倒せるようにデザインしたデッキです。
ライフゲイン型の白はオーラ持ちが少ない傾向が強いため、オーラで攻める戦略が非常に有効だと思います。
ゲームの流れは以下のようになります。
■時代1、2
時代3までに巫女+オーラのユニットを展開しておきます。
それまでは、適当に攻撃して少しでも相手の体力を減らしたり、こちらの体力を守ったりします。
一方的に有利な場は絶対に作らず、最低でも相手のユニット数+1程度の展開に抑えます。
ヴェスの祈り手が強いので有効に使います。

■時代3、4
時代3になると同時に一気に攻勢に出ます。
巫女が絡むと大抵5点以上のクロックになるので、時代4に到達する前、または到達直後に倒しきれます。
時代3になる前に可能な範囲で攻撃用ユニットを出しておくことが重要です。
そうすれば、こちらは祈り手、各種スペルで身を守ることは容易なためです。

弱点は紫を絡めたコントロールですが、現状あまり見かけない(白単に相性が悪い)ので、
このまま白が流行っているようであれば大分勝てると思います。

また、今後の修正点ですが、白絡みのカードにあまり選択肢がなく、非常に苦しい構成となっています。
浄化の矢、ヴェスの祈り手のために白を多めに積まないといけないのですが、意外と優秀なカードが少ないんですよね…
白のカード選択はいろいろ弄っていく予定です。

攻守の切り替え判断が難しいデッキですが、その分考えるのが楽しいデッキなので一度プレイしてみてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。